FX初心者口座の選び方!初心者でも安心して利用できるFX業者はココ!

これからFXを始める方のために、初心者でも安心して利用できるFX業者をご紹介します(多分に、個人的見解です)。

FX初心者口座の選び方:初心者でも安心して使えるFX業者

FX業者が多すぎて、もうウンザリだぁ~!

こんにちは、ミキ☆です。
会社のお給料だけではちょっと足りなくて。
もう少しお金が欲しかったんです。

だからって、アルバイトするわけにもいかないし。

家でできて、時間も自由なもの。
「そんな都合のいいもの、あるか?」
と思いながらネットで探していて、気になったのがFXでした。

FXを始めようと思った時に、一番まよったのがFX業者選びでした。

FX業者ってたくさんありすぎて、どこでやるかを選ぶだけでも一苦労です。業者ごとの違いもよくわからないし、何を基準にすればいいのかもよくわからないし。あれもこれもおススメされてるし。

ぜんぜんFXできない・・・。
(´∩`。)

けっこう迷いましたよ。大金を預けるわけですからね。できるだけ安心できるところで始めたいじゃないですか。いざやってみて、使い勝手が悪いのも嫌だしね。

「どのFX業者で口座開設するか」で、かなり時間がかかりました。

会社とかアルバイトだと手持ちのお金は減りませんが、FXとかは手持ちのお金が増えたり減ったりします。いろいろと不安があります。
(といっても、やり始めはまったくピンと来てなかったんですけどね)

だからって、スタート前でそんなに時間をかけてられませんよね。
早く始めたいもんです。

そこで、

初心者でも安心して利用できる、有名どころのFX業者を3つに絞ってご紹介します。この3つなら、どこで口座開設しても、安心してFXを始められると思いますよ。
参考にしてみてください。

⇒ 
⇒ 
⇒ 

外為ジャパンFX

外為ジャパンは、業界でも知名度の高いFXサービスです。

外為ジャパンFX

実は、外為ジャパンはDMM.com証券の傘下なんです。外為法施行以降、FX業者が乱立しまして。それが少しずつ淘汰されて、企業再編が起こった2012年頃、DMM.com証券が外為ジャパンのFX事業を承継しました。

だから、「外為ジャパン」は会社名ではなく、あくまでも、DMM.com証券のサービス名なんです。現在、DMM.com証券は、「外為ジャパン」と「DMM FX」という2つのFX事業を行っています。

小ロットで取引可能

外為ジャパンは、1,000通貨(USドル/円で取引するなら1,000ドル)から取引できます。少額でリスクが少なく始められるのが魅力の1つです。

運営会社が同じ「DMM FX」は、10,000通貨からの取引なので、外為ジャパンは初心者の方がより始めやすいサービスになっていると言えそうです。

ドル円10,000通貨の取引に必要な証拠金は、レバレッジ25倍とすると4万円です(1ドル=100円とした場合)。最低取引数量が10,000通貨の場合、最低でも4万円がないとドル円の取引ができないことになります。
(100円×10,000通貨=100万円)

一方で、1,000通貨の場合、同じくレバレッジ25倍とすると、必要な証拠金は4,000円(ドル円のレートが100円の時)です。10,000通貨の場合と比較して10分の1の価格で取引を開始することができます。

レバレッジについて

説明のために、レバレッジ25倍と極端な値にしていますが、実際に取引されるときは、多くてもレバレッジ2,3倍に抑えて取引されることをお勧めします。レバレッジが大きいと、それだけ損失も大きくなることもご理解ください。

スプレッドが安定している

外為ジャパンはスプレッドが安定しています。多くのFX業者が、スプレッドを原則固定としています。でも、相場が変動すると、けっこうすぐに広がってしまうんです。

その点、外為ジャパンは、スプレッドが広がりにくいように思います。早朝や相場急変時でも、標準スプレッドで取引できる機会が多いので安心です。「すぐにスプレッドが広がってしまって取引しづらい」と不満がある方にもお勧めです。

スプレッドとは?

スプレッドは、「売値と買値の差」のことです。ザックリいうと、実質上の取引手数料みたいなものです。「スプレッドが広がる」は、取引手数料が高くなるというイメージです。

サポートが充実している

外為ジャパンはサポートも充実しています。電話問い合わせは24時間サポート対応です。

FXは24時間、レートが動き続けます。日本の夜中にあたる時間に、ニューヨーク市場で取引するトレーダーも多くいます。夜中の問い合わせに対応していない業者もある中、外為ジャパンならしっかりサポートを受けられます。

FXは、ほぼ24時間、取引できる

東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の3つの市場が順番に開きますので、結果的にほぼ24時間、どこかの市場でFX取引できます。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、FX取引高が6年連続世界1位のFX会社です。

GMOクリック証券

この数字だけを見ると、大口の投資家向けという印象も受けますが、もちろん初心者にも適したFX業者です。

その理由は、オリコン顧客満足度ランキングで総合1位、手数料部門1位、取引ツールの利便性部門1位を獲得したこともある総合力の高さです。特に、手数料と取引ツールは、収益にも影響しかねない重要な要素なので、初心者にも選ばれています。

取引ツールは高機能・簡易版両方あり

GMOクリック証券は、株や先物をアクティブに取引をしたい人向けの高機能ツールと、お手軽に取引したい人向けの簡易ツールの両方が無料で利用できます。

GMOクリック証券の高機能ツール「スーパーはっちゅう君」は、板発注、テクニカルチャート、ニュースなどの情報が総合的に見られるツールです。特に、気配板上からマウスで注文や訂正ができるのは便利ですよ。

株価が急騰したり、出来高が急増した銘柄をすばやく見つける機能もあります。

財務分析機能が秀逸な投資情報

GMOクリック証券の投資情報では、個別銘柄の「財務分析」機能が他社にはないコンテンツです。株価分析、財務諸表、シミュレーターなど、すべてグラフで可視化されていて、株価の割高や割安なども具体的にわかります。

ニュースやアナリストレポートは、「証券ニュース」と「FXニュース」があります。ほぼリアルタイムで配信されるので、深夜の米国指標の発表などもすばやくチェックできます。

スマホツールが充実

GMOクリック証券は、iPhone向けの「iClick株」、AndroidのOS向けの「株roid」など、スマホ向けの取引ツールも充実しています。

板情報から発注(注文パネル利用)、逆指値注文を出せます。ウォッチリスト(銘柄登録リスト)は、1,000銘柄まで登録でき、パソコン側の株価ボードと自動的に同期されています。

また、ニュースが出た銘柄については、マークで通知するなど、便利な機能がいろいろ盛り込まれています。

ヒロセ通商FX

ヒロセ通商は「オリコン日本顧客満足度FX取引部門総合第1位(2013,2014,2015年)」という実績を持つ、ユーザーから最も高く評価されているFX会社です。

ヒロセ通商FX

ヒロセ通商で最も人気な取引ツール「インストールタイプ」には主に6つの特徴があります。

満足度ランキングで3年連続1位に輝いたのも納得です。

特に、「LION分析ノート」という、自分のトレードを検証できる機能は非常に特徴的です。

自分がしたFXトレードを客観的に検証するのって難しいんですけど、この「LION分析ノート」を使えば、勝率やプロフィットファクターはもちろん、曜日ごとの勝率や勝ちトレード・負けトレードの平均保有期間も算出することができます。

たまに、目を覆いたくなるようなときもありますけどね。

1,000通貨の少数対応や、クイック入金など、かゆいところに目が行き届いたサービスもたくさんあります。バランスの取れたFX業者です。

私のおススメするFX業者

私がお勧めするFX業者は、「外為ジャパンFX」です。

どのFX業者でも、役立つ分析ツールや情報がたくさん用意されています。でも、実際に取引するとき、一番大切なのは、スプレッドの幅や約定の速さの安定感だと思います。

どんなに分析ツールが優れていても、売買に直接かかわる部分が不安定では、安心して取引できませんからね。

外為ジャパンFXが、一番安定していると感じました。

⇒ 

ご注意ください

他の2業者が不安定だという意味ではありません。もちろん、それぞれ充分しっかり安定しています。じゃないと、高い顧客満足度を得られませんからね。フィーリングだと思います。個人的見解です。

まとめ

FXは一攫千金じゃなく、続けることが大切です。今回ご紹介したどの業者も、これからFXを始める初心者の方が、安心して使いやすい業者だと思います。

私のお勧めは「外為ジャパンFX」ですが、どのFX業者を選んでいただいても大丈夫です。3つとも、顧客満足度の高い業者ですから。最後はフィーリングの問題かもしれません。

私の場合、いろいろ迷った挙句、「入り口で迷うぐらいなら、いっそのこと3つとも申し込んじゃえ!」って感じでした。実際に中を見ないとわからないこともありますからね。口座開設は無料ですし。最終的に、自分が使いやすそうなFX業者に絞ればいいわけですからね。

で、自然と外為ジャパンをメインで使うようになっていました。

それでは、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。
一緒に、FXライフを楽しみましょうね。

運営者情報 / サイトマップ